白内障手術の流れを教えてください

Q:今度白内障の手術を受けることになりました。簡単で安全な日帰り手術だと聞きましたが、目を手術するのだと考えると心配で緊張しています。どんな手術になるのかあらかじめ知っておきたいので、基本的な流れを教えてください

 

A:手術というと、ご本人だけでなくご家族も不安になられると思います。

しかし実際に白内障手術が終わると「こんなに楽だとは思わなかった」「こんなに簡単な手術でよく見えるようになるなら、もっと早く手術を受ければよかった」と言われる患者さんがほとんどです。

一般的な手術方法と流れをご紹介しますので、ご参考になさってください。


Q:痛みに弱く怖がりな方なのですが、大丈夫でしょうか?

 

A:白内障手術は局所麻酔をしてから手術を行うので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

麻酔が痛いのではないかと気にされる方もいらっしゃいますが、点眼麻酔なのでこちらも痛みは感じません。

目薬をさすだけなので負担はかかりませんし、注射のように傷をつけることもないので安心です。

意識ははっきりあるので、目の手術を受けているという感覚はあります。

ですが眼科手術用顕微鏡を使って手術するので、目のすぐ前にあるのは顕微鏡の光源です。

メスや針などが見えるということは一切ありません。


Q:麻酔後に切開するのですね?

 

A:麻酔の後、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを入れるために角膜を切開します。

切開の幅は私のクリニックでは2.2~2.4mmという極小切開で行っています。

この傷口は縫わなくても自然に治ります。

また角膜は目の一番外側にある組織ですが、血管がないので血が出ることはありません。

次に水晶体の表面を覆っている前嚢を半径約4~5mmの円形に切り取ります。

この部分から超音波を発する機械を使って、小さな粒になるまで水晶体を細かく砕きながら吸引します。

最後に眼内レンズを入れます。レンズは折りたたんだ状態で挿入しますが、目の中で自然に開いて固定されます。

切開からレンズ装着まで、特に問題がなければ手術時間は10~15分程度で終了します。

手術日当日に帰宅することが可能で、入院が必要な場合はほとんどありません。


Q:繊細な技術が必要とされるけれど、安全性の高い手術なのですね。

 

A:従来は金属製のメスを使って手術していましたが、当院で行っているフェムトセカンドレーザー手術ではメスを使わず、熱エネルギーを応用したレーザーで組織を切っています。

白内障手術で特に重要な工程となるのは、濁った水晶体を取り出して眼内レンズを挿入する窓を作る水晶体前嚢切開なのですが、レーザーだと外側の角膜を切る前に前嚢の切開が可能なので、より正確な切開が可能です。

また水晶体が真っ白になるほど進行している場合でも安全な手術が行いやすくなりますし、水晶体が硬くなっている場合もレーザーで砕くことができます。


Q:手術は安心して受けられそうです。術後の注意はありますか?

 

A:白内障手術後の日常生活においては、傷口から細菌感染しないように目のまわりを清潔に保つように気をつけてください。

当日の入浴はシャワーのみとして、洗顔や洗髪、化粧などの時期については医師に相談し、許可が出るまで控えるようにしましょう。

汚れた手で目に触ったり、目を強く押したりこすったり、アイメイクなども避けてください。

目に衝撃を与えるようなことがあると傷口が開いてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

手術後1~2か月は点眼薬で、炎症を抑え感染を予防します。

医師の指示どおり正しく使用してください。飲酒は、術後1週間程度は避けた方がいいでしょう。

手術後に目がかすむ、涙が出る、目がゴロゴロなどの症状が出る場合もありますが、数日から1~2週間ほどで回復することがほとんどです。

角膜のむくみや虹彩の炎症、眼圧の上昇などがある方もいらっしゃいますが、これらも1週間程度で落ち着いてきます。

経過に不安がある場合は医師に相談してください。

目を使うことに特に問題ありません。

しかし患者様のなかには、よく見えるようになってうれしくてつい長時間テレビを観たりパソコンに向かってしまったという方もいらっしゃいますが、あまり目が疲れないように気をつけましょう。

特に注意したいのは、眼球内に細菌が入り込んだことで発症する眼内炎です。

治療しないと失明につながるリスクもある病気なので、急激な視力低下や充血、激しい痛みなどの症状が現れたら、すぐに受診してください。

また手術後2週間~1か月後頃に網膜の毛細血管の障害で網膜の中心部分がむくむ黄斑浮腫が起きることもあります。

自然に治る場合もありますが、原因によっては薬物治療を行います。

また手術をしてから1~2年後に、再び目のかすみが現れることがあります。

これは後発白内障と呼ばれ、手術を受けた患者さんの1~3割に起こると言われています。

手術で挿入した眼内レンズの後ろ側が濁ってくることが原因なので、その部分をレーザーで切り取れば簡単に治療できます。

ただし糖尿病による網膜症の進行など他の原因で目のかすみが起きている可能性もあるので、見え方に濁りを感じる、遠くが見えにくいなどの自覚症状があれば、眼科を受診するようにしてください。

乱視が年齢とともに進み、不便を感じています。 白内障も心配です

Q:若い頃から乱視があったのですが、最近ますます進んだようで、近くも遠くもぼやけて見えにくくなり日常生活で困っています。目の疲れから肩こりや頭痛が起きる日も多いです。年齢的に白内障も気になります。

 

A:ある一定の距離であればピントが合ってきれいに見える近視とは違い、どの距離においてもピントが完全には合わず常にぼやけて見える乱視の患者さんには、肩こりや頭痛などの眼精疲労などの症状を訴える方が多くいらっしゃいます。

外から目に光が入ってくると、角膜と水晶体で屈折して網膜の上にピントが合って像を結びます。これが、私達が物を見る時の仕組みです。

この角膜は本来ゆるやかなドーム型をしているのですが、何らかの理由でゆがみや凹凸があると像が正常に作れなくなり、見えにくさなどの異常をきたします。これが乱視です。

乱視の中には角膜がラグビーボールのような楕円形に歪み、光の取り入れ方が一定でないために複数の焦点ができてしまう正乱視と、角膜の傷や炎症などが原因で焦点を合わせることができなくなる不正乱視があります。

若い頃の乱視のほとんどは、角膜の歪みが原因です。

しかし年齢とともに、水晶体が濁ることによる乱視が増えてきます。

若い頃は乱視がなかったのに中高年以降に物が二重、三重に見えたり、年齢とともに乱視が進んだりという状態であれば、白内障の可能性が高いでしょう。

これまでと同じ乱視が強くなったのではなく、水晶体の濁りによる乱視が起きていると考えられます。

乱視を治すには、原因が角膜にあるのか水晶体にあるのかその両方なのかをしっかり見極めることが大切です。


Q:乱視は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正できますよね?

 

A:正乱視の場合は、眼鏡やコンタクトレンズを装用すれば矯正することができます。

角膜が歪んでいる方向と反対の歪みを持った円柱レンズを使い、一点にピントが合うようにします。

不正乱視は、角膜の表面のカーブにムラができているため眼鏡での矯正はできず、ハードコンタクトレンズで矯正します。

しかし眼鏡やコンタクトレンズで矯正できるのは、角膜に原因がある乱視だけです。

白内障で水晶体が濁り乱視を発症した場合は、どんな眼鏡やコンタクトレンズを使用しても見えにくさは解消しませんので、早めに眼科を受診する必要があります。


Q:水晶体に原因がある乱視の場合はどうすればいいのでしょうか?

 

A:白内障による乱視は、手術で治療します。

水晶体の濁りのためにピントが合わなくなっているので、手術でしか治せないのです。

しかしむしろ、白内障手術は乱視を矯正するよい機会と言えます。

白内障の手術の目的は、濁った水晶体を除去し人工の眼内レンズに置き換えることですが、乱視の患者様の場合は、乱視を矯正する眼内レンズを装着します。

乱視の患者さんの角膜にはゆがみがありますから、目の中に入れるレンズにこの角膜のゆがみを打ち消すようなゆがみをもたせて、足し引きゼロにして全体ではゆがみがないようにします。

そのため、正しい乱視用のレンズを正しい角度で目の中に固定しないと、期待したような効果が発揮されません。


Q:乱視がある場合の白内障手術は難しいのでしょうか?

 

A:レンズを正しい角度で目の中に固定する必要があり、角膜のゆがみと眼内レンズのゆがみの方向を1ミリ単位で合わせないといけません。

しかしゆがみの角度は日によって変わり、手術を行う眼科医はその軸を見ることができないという問題点があります。

従来は、術前に検査した乱視の軸を、手術直前に目測で患者さんの目にしるしをつけ、それを目安に眼内レンズの方向を固定していました。

ですが目測ではずれやすい上に、患者さんが立っているときと寝ているときでは目の角度が変わり、顔の向きの影響も受けてしまいます。

その結果ゆがみの角度を正確に計測できず、せっかく手術を受けたのに乱視が期待していたほど改善できなかったということが少なくありませんでした。

そんな問題を解決したのが、当院で導入しているベリオンシステムです。

ベリオンシステムは、乱視の角度や眼内レンズを装着するべき位置を、眼科医が手術中に見ている顕微鏡に表示し、眼科医のガイドをする機械です。

術前に撮影した1000枚以上の高解像度デジタル画像をもとにして、乱視の軸を角膜と水晶体の間にある虹彩という薄い膜や血管と重ね合わせ、乱視の方向を術者に正しく教えてくれます。

乱視矯正するために実施する手術では、特に高精度な手術が求められます。

従来の方法ではどうしても検査時との姿勢の違いや人が行う誤差が生じてしまうことがあるのですが、ベリオンシステムを使った手術では、それらの誤差を防ぐことができます。

ベリオンシステムは、乱視だけでなくレーザー白内障手術を正確に行うためには欠かせない画期的な装置です。

しかし保険での請求ができないことなどから、最先端の白内障手術を行っている少数の病院を除いて、ほとんど普及していません。

乱視矯正や白内障手術を検討されているとき、受診する医院選びに迷われているときなどは、ベリオンシステムを導入しているかどうかを、判断材料の1つに加えていただければと思います。

急に近くが見えないようになりました。目の病気でしょうか?

Q:最近、急に視力が落ちたように感じます。特に手元がぼやけてよく見えません。二重、三重にだぶって見えることもあります。眼科を受診した方がいいでしょうか?

 

A:中高年の患者さんの見えにくさや目のかすみでまず考えられる疾患は、加齢による白内障の可能性があります。

近くがぼやけて小さな字などが読めないということだけなら、老眼が原因の場合もあります。


Q:白内障と老眼の違いはなんでしょうか?

 

A:老眼は、加齢により水晶体の弾力が衰えて、ピントを合わせる機能が低下することで起こります。

ただし水晶体の濁りはないために、メガネやコンタクトレンズなどを使ってピントを合わせれば視力を矯正することができます。

一方で、白内障の患者さんの場合は、水晶体の濁りがあるため外からの光が十分に入りません。

その結果見えにくさやまぶしさなどの症状が現れます。

元々近視がある患者さんは、白内障で水晶体の核が濁って硬くなり屈折率が増すために、より近視が強くなったように感じるケースがあります。

中年以降に近視がどんどん進むということはないので、白内障を発症していないか眼科を受診し、早めに検査を受けてください。


Q:白内障になると、どんな症状が現れますか?

A:加齢が原因の白内障はゆっくりと進行しますが、最も多い初期症状は、目のかすみです。

霧がかかったように物がかすんで見えます。

水晶体の濁りが進行すると、視力が落ちて手元の細かい文字なども読みにくくなります。

老眼鏡を使ってもこの見えにくさは解消しないのが特徴です。

「老眼だから遠くは見えるけど、近くは見えなくても仕方ない」とおっしゃっている患者さんが検査を受けたら白内障だったというケースも多いので、見え方に異常を感じたら要注意だといえます。

また、水晶体の濁りが目に入った光を乱反射するため、見え方にも変化が起こります。

具体的には、まぶしく感じひなたでは物が見えにくくなります。

逆光だと全く見えなくなるという方もいらっしゃいます。

さらに水晶体が濁っていると網膜に届く光の量が減るため、暗い場所でも見えにくくなります。

これまでは夕方の薄暗い部屋でも新聞が読めたのに最近文字が見えなくなったという場合は、白内障が原因かもしれません。

さらに物が二重、三重に見えることもあります。これは水晶体が濁って中心部と周辺で屈折率が違ってくるためです。


Q:多少見えにくくても、日常生活に支障がなければ病院に行く必要はありませんか?

A:視力低下は、白内障だけでなくさまざまな病気で起こります。

どのように見えにくいのか他の症状も考えながら原因を確認する必要があるので、必ず眼科を受診してください。

例えば加齢黄斑変性は、日本ではあまり知られていませんが、欧米では成人の失明原因一位の病気です。

網膜の中心の黄斑部が変性して視力が著しく低下するため日常生活への支障が大きくなります。

また視野が欠けたり目を閉じても閃光が見える光視症や黒い虫や雲が見える飛蚊症などの症状が起きるのが、網膜剥離です。

硝子体が委縮し網膜が剥がれる病気で、中高年は急速に進行することが多く、速やかな治療が必要です。

そして白内障も放置しておくと他の目の病気を合併したり、最悪の場合は失明したりする危険性もあるので、早めに診察を受けることが大切です。


Q:白内障は老化の一環というか、年を取れば誰でもかかるものなので、怖い病気ではないと思っていたのですが……

 

A:白内障は確かに高齢になれば誰にでも起きる病気で、70代では約8割、80歳を超えるとほぼすべての人に水晶体の濁りが見られると言われています。

しかし年を取れば誰でもかかるのだからといって、油断するのは大変危険です。

水晶体が真っ白になるまで進行した白内障では、水晶体が溶け出して強い炎症を起こすことがあります。

これを水晶体融解性ぶどう膜炎といい、激しい痛みや充血を伴い、緊急手術が必要になります。

また手術が成功しても癒着や混濁などの後遺症が残ることもあります。

白内障が進行すると水晶体がだんだん膨らんでくるため、眼圧が一気に上昇し急性緑内障発作を起こすことがあります。

急性緑内障は、突然の頭痛や激しい目の痛み、吐き気、腹痛、視力低下などが起き、緊急手術を行わないと数日以内に失明にいたる恐ろしい病気です。

白内障を放置しておくと失明を引き起こす病気を合併するリスクがあるため、必ず眼科を受診し、進行の状態にあった治療を受けることが重要です。

白内障は安全性の高い手術で視力を取り戻すことができますが、進行していればその分手術の難易度は上がります。

水晶体は年齢とともに硬くなっていくので、手術で濁った水晶体を粉砕する工程も難しくなり、トラブルが起きるリスクも上がります。

そして何よりも白内障による見えにくさは生活の質に大きく影響します。

視界がぼやけていては転倒による骨折の恐れなどもありますし、何歳になっても生き生きと活動的な毎日を過ごすためには、白内障を治療し視力を取り戻すことをおすすめします。

黒目の濁りが気になります。目の病気でしょうか?

Q:鏡を見て、黒目が白く濁っているのに気がつきました。何か悪い病気ではないかと心配です。物が見えにくいなど日常生活に困るような症状はないのですが、このまま様子をみても大丈夫でしょうか?

 

A:黒目が白くなっているが他には特に症状がないようなら、最も考えられる病気は初期の白内障です。

白内障は、眼球内にある水晶体が白く濁り、進行すると視力が低下する病気です。

加齢による水晶体の変性が主な原因ですが、先天的なものや外傷、アトピー性皮膚炎、紫外線の刺激などによって引き起こされる場合もあります。

目のしくみはよくカメラに例えられますが、そのレンズに当たるのが水晶体です。

水晶体はタンパク質と水分でできた組織で、正常な水晶体は無色透明です。

しかし何らかの原因で水晶体のタンパク質が変性し濁ってくることがあり、これが白内障です。

水晶体が濁ると外からの光が充分に入らなくなるため、物がぼやけて見えにくくなったりまぶしく感じるなどの症状が現れます。


Q:白内障以外の病気の可能性も考えられますか?

A:水晶体でなく硝子体に原因があり、目の濁りが起きている場合もあります。

硝子体は、水晶体の奥にあるほぼ無色透明な組織ですが、硝子体混濁といってその名のとおり硝子体が濁った状態になることがあります。

これは、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など硝子体出血を起こす病気や、ぶどう膜炎、眼内炎など硝子体内に出血や炎症、感染症を起こす病気が主な原因となります。

発症すると、視界のかすみや視力低下だけでなく、虫が飛んでいるように見える飛蚊症と呼ばれる症状が現れるのが特徴です。

さらに角膜の外傷や炎症などによる角膜炎が原因で、本来は透明である角膜に異常な組織が作られ、白い斑点のような濁りを引き起こすこともあります。

スマートフォンやパソコンなどの長時間使用によるドライアイが原因で角膜に傷がついている方も増えていますから、注意が必要です。

このように目の濁りにはさまざまな原因がありますが、いずれにせよ眼科を受診して検査を受け、早めの対処をすることが大切です。


Q:白内障だった場合、一度濁った水晶体は、元に戻ることはないのですか?

A:個人差はありますが、どなたでも年齢とともに水晶体は濁っていきます。

この濁りは残念ながら元に戻すことはできませんが、進み方や症状の現れ方は人によって違います。

さらに水晶体の濁り始める部位によっても症状は異なります。

最も多く見られるのが、水晶体の周辺部分から濁り始めるタイプです。

このタイプの場合、最初は薄暗いときに見えにくくなり、濁りが広がって進行すると、まぶしく感じたり物がかすんで見えるようになります。

また、強い近視の人は、水晶体の中心から濁るケースがあります。

その場合は水晶体の屈折率が強くなるためより近視が強くなったり物が二重に見えたり、強いまぶしさを感じたりといった症状が現れます。

その他水晶体の後ろ側から濁ってくるタイプなどもありますが、どのタイプでも水晶体の濁りが進むと目のかすみが強くなり、視力も低下します。


Q:白内障にはどんな治療法がありますか?

A:白内障と診断されても、視力の低下がなく日常生活に支障がなければ、経過観察でしばらく様子をみることもあります。

また進行を遅らせるために点眼薬や内服薬が処方される場合もあります。

ただし白内障の薬では、水晶体の濁りが解消させるわけではなく、根本的に治すためには手術が必要になります。

患者さんが見え方に異常を感じるなど、日常生活に不便を感じるようになったときが手術すべきタイミングなのですが、白内障が進行すると他の目の病気を併発するリスクもあるので、当院では早めの手術をおすすめしています。


Q:白内障手術とはどんな手術をするのですか?

 

A:白内障手術の目的は、濁った水晶体を取り除き人工レンズに交換することです。

目の手術というと怖く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、白内障の手術は手術方法と人工レンズの進歩で、短時間で行える安全性の高い手術になりました。

手術方法はいくつかありますが、現在主に行われているのは、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し人工レンズを入れる超音波乳化吸引術という方法です。

手術そのものは10~15分で終了し、手術室に入っている時間も30分~1時間程度です。

その後30分ほど安静にしていれば歩けるようになり、他に目の病気などがなければ日帰り手術が一般的です。

白内障の症状が進行している場合は、他の手術法を行います。

水晶体が硬くなり超音波で砕けない、または他の目の病気との合併症があるケースは、水晶体を砕かずそのまま取り出して人工レンズと交換する水晶体嚢外摘出術を行います。

また水晶体を支えている線維が弱って超音波に耐えられない場合などは、水晶体と水晶体を包んでいる水晶体嚢という透明な袋の全てを取り除く水晶体嚢摘出術を行うこともあります。

症状は片方の目にしか出ていなくても、白内障手術は両目とも行うのが基本です。まず進行が早い側の目の手術を先に行い、日をあらためてもう一方の手術を行います。

第28回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーを開催しました

第28回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーを開催しました
本日、大宮七里眼科にて第28回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーを開催しました。
梅雨空の中、お越しいただいた方々には心より御礼申し上げます。
“第28回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーを開催しました” の続きを読む