3焦点眼内レンズ・パンオプティクス使用件数が1,000症例を超えました!

2021年12月、大宮七里眼科の3焦点眼内レンズ・パンオプティクス使用件数が1,000症例を超えました!
この優れた技術をたくさんの患者様たちに提供することができ、私どもも大変嬉しく思っております。

多焦点眼内レンズは進歩を続けており、現在主流となっているのはパンオプティクスなどの3焦点眼内レンズです。

大宮七里眼科ではパンオプティクスが国内で認可を受けた直後から使用を開始し、2021年12月までに1,012件の症例に使用しました。
国内でこれほどの件数のパンオプティクスを使用した経験のある眼科はほとんどないと思います。
私の著書「人生が変わる白内障手術」でもパンオプティクスの優れた老眼矯正効果、生活での見え方の便利さを説明しています。

また、パンオプティクスは厚生労働省による治験によって効果や副作用のチェックを受けており、安全性が証明されています。
大宮七里眼科は今後もパンオプティクスなどの優れた多焦点眼内レンズだけを患者様の大事な眼の手術に使用することで、満足度の高い白内障手術を行ってまいります。

大宮七里眼科のフェムトセカンドレーザー白内障手術件数が4,000症例を超えました!!

大宮七里眼科のフェムトセカンドレーザー白内障手術件数が、2021年12月に4,000症例を超えました!!

大宮七里眼科・山﨑健一朗院長は2012年6月、日本の眼科で最初にフェムトセカンドレーザー白内障手術を開始しました。
フェムトセカンドレーザー白内障手術は1000兆分の1秒という単位の精度でレーザーを照射して行うとても精度の高い白内障手術方法ですが、当時は日本では全く知られていませんでした。

大宮七里眼科・山﨑健一朗院長はフェムトセカンドレーザー白内障手術を広く知っていただくために2017年に著書「人生が変わる白内障手術」を執筆しました。
「人生が変わる白内障手術」はおかげさまで多くの方に読まれ、2021年10月までに合計31,000部数を出版しました。

「人生が変わる白内障手術」はフェムトセカンドレーザー白内障手術と多焦点眼内レンズについて深く掘り下げて書かれています。
実際に手術を多数行っている医師が著書を書いているので、とても分かりやすいとの評価を得ております。

「人生が変わる白内障手術」は日本ではほぼ初めてのレーザー白内障手術執刀医によるフェムトセカンドレーザー白内障手術の解説書でもありました。
この著書が多数の方に読まれたおかげもあり、山﨑健一朗院長が執刀するフェムトセカンドレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズを希望して大宮七里眼科を訪れる方が絶えません。

しかしまだまだフェムトセカンドレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズによる老眼矯正・白内障手術は知られていない技術です。
2022年、今年はもっとたくさんの方にフェムトセカンドレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズが知られるよう、大宮七里眼科スタッフ一同、頑張って参ります!

今年もよろしくお願いします。

2022年 大宮七里眼科から新年のご挨拶

2022年、あけましておめでとうございます。
大宮七里眼科は1月4日から通常通り、診療を行っています。
院長の著書「人生が変わる白内障手術」は、順調に販売数を伸ばしており、昨年までに31,000部数を出版するほどになりました。
この本を読んで大宮七里眼科での白内障手術を希望する方が多く、とても嬉しく思っています。
今年も患者様が大宮七里眼科に来て良かったと思っていただけるような眼科を目指し、スタッフ一同頑張っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたいます。

第38回「人生が変わる白内障手術・第2版」出版記念セミナーを開催いたしました

寒さが厳しい季節となり、今年もわずか残り半月となりました。
年末のお忙しい中、出版記念セミナーにご参加いただいた方に感謝申し上げます。
今回も定員満員での開催となり、多くの方にご出席いただきました。

最近は世の中に少しずつではありますが、多焦点眼内レンズやレーザー白内障手術ののことが浸透し、本を手にとって下さった方や手術を当院で受けていただいた方が増えているおかげではないかと思っています。
でも未だ「老眼や乱視や近視、遠視は治らない」と諦めている方も多くいらっしゃる現実があります。
山﨑院長は当院が開業した2008年から多焦点眼内レンズを使用した白内障手術の経験があり、すでに13年以上の経験があります。
眼内レンズも進化を遂げさらに良く改良されてきました。
さらに山﨑院長は従来のメスを使用した手術方法ではないレーザーを使用した白内障手術を2012年に日本で最初に成功させ、2021年12月、ついにレーザー白内障手術実績累計4,000件を達成しました。
人間の目では見えない部分までもレーザーでミクロン単位で照射が可能であり、眼という小さな臓器にとって必要性が高い医療の発展だと思っています。

今後も少しでも多くの方に多焦点眼内レンズやレーザー白内障手術の重要性を伝えていきたいと思っています。

次回は2カ月後の来年2022年2月16日を予定をしています。

第39回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナー
講演者 大宮七里眼科院長・山﨑健一朗
日時 2022年2月16日(水) 午後2時30分から1時間程度
場所 大宮七里眼科 (埼玉県さいたま市見沼区風渡野678−1)

ご参加に関しては完全予約制になりなすので幻冬舎へご連絡下さい。
予約電話番号03-5411-6440

目がぼやけて見える、二重に見える、眩しい……症状別に考えられる目の病気

Q:私は視界が白く見えることがないので、白内障ではないですよね?

A:多くの方が信じている誤った知識の一つに、「白内障になると白く見える」という誤解があります。

白内障になっても視界が白く見えるということはありません。

白内障で手術を受けた方々が眼科を受診するきっかけとなる症状のうち、もっとも多いのは「見えにくさ」です。具体的には車の運転が見にくい、文字が読みにくい、などです。

意外にも、「見えにくさ」と同じくらい頻度の高い白内障の症状が「まぶしさ」です。

夜、車の運転をしていて、対向車のヘッドライトがやけにまぶしく見えても、「あれは対向車がライトを上げているのだろう」と考えてやり過ごしてしまう方がいます。

ところが、すれ違う車のライトがすべてまぶしいので、相手のせいではなく、自分の見え方のせいですべてのライトがまぶしくなっていたことに気づいて眼科を受診される場合があります。

また、白内障の進行度合いと自覚症状は必ずしも一致しません。つまり自覚症状があまりなくても、白内障が進行していることがあります。

 白内障と診断された患者さんが、よく口にするのは「まぶしさ」です。夜、車の運転をしていて、対向車のヘッドライトがやけにまぶしく見えても、「あれは対向車がライトを上げているのだろう」と考える人がいます。ところが、すれ違う車のライトがすべてまぶしいので、相手のせいではなく、自分の見え方のせいですべてのライトがまぶしくなっていたことに気づくのです。

そのほかに、快晴の日にゴルフ場に行くとまぶしくてプレーがしにくい、洗濯物を干す時に外に出たらかなりまぶしさを感じた、などの症状が多く見られます。


Q:ここ数年のあいだ見にくさを感じていますが日常生活はできます。眼科を受診すべきでしょうか?

A:白内障の進行度合いと自覚症状は必ずしも一致しません。つまり自覚症状があまりなくても、白内障が進行していることがあります。

最も代表的な白内障の症状はもちろん「見にくさ」、つまり視力低下ですが、では「見にくさ」を感じなければ白内障ではないかというと、そういうわけではありません。

目の中でレンズの役割を果たす水晶体は、焦点を変化させることで見る距離の焦点を合わせます。このピントを合わせる機能を調節力と言います。調節力は加齢に伴って次第に低下します。これがいわゆる「老眼」です。

老眼の症状はさまざまです。例えば、以前より手元の文字が見づらくなった、あるいは若いことよりも遠くも手元もすべての距離が見づらくなった、いままでのメガネをかけると以前は見えていた手元が見えない、などです。

これらは、白内障でも起こりうる症状です。つまり老眼のような症状があった場合に、白内障の進行によってその症状を自覚している場合があります。テレビが見づらくなった、車の運転をしていて標識や信号が見にくくなった、など視力の低下を感じたとき、それが老眼からきているのか、それとも白内障のせいなのか、さらには他の病気からきているのか、自分で判断することはなかなかできません。なぜなら見え方が不自由となる原因は、白内障と老眼の双方の組み合わせによる相乗効果の結果だからです。

見え方が悪いのでメガネを作ろうとメガネ屋さんに言ったら、メガネをかけても視力が出ないので眼科を受診するよう言われることがあります。それはこのような理由からです。

実際に大宮七里眼科でもメガネ屋さんから眼科受診を勧められた方を診察することが多々ありますが、大半が白内障などの病気となっています。

むしろ視力低下によって日常生活に支障が出るほどの状態になった場合、治療が困難となるほどの病気の進行となっていることがあります。

従って、このような場合には日常生活ができない程の症状がなくても眼科を受診することを強くお勧めします。

レーザー白内障手術のメリットとは?

Q:レーザー白内障手術の仕組みについて簡単に教えてください

A:レーザー白内障手術の白内障手術は正式名称を「フェムトセカンドレーザー白内障手術」と言います。
レーザー白内障手術は専用の機器を用いて行います。

レーザー白内障手術機器は、OCTと呼ばれる目の中の構造を細かく解析して画像化する装置と、フェムトセカンドレーザーと言う種類のレーザーを発信する装置を組み合わせています。

レーザー白内障手術では1000分の1ミリ単位と言う細かい精度で手術を行うことができますが、それは考慮中の構造の解析と、1000兆分の1秒という超短時間の単位でレーザーを照射する機器の組み合わせにより可能になった技術です。


Q:レーザー白内障手術のメリットについて簡単に教えてください。

A:レーザー白内障手術のメリットは、その正確性です。通常の眼科医の手によるマニュアルの手術では、眼科医の目で目の中の構造を判断し、眼科医の手で手術を行います。
したがってマニュアルの手術の精度には限界があります。

しかしレーザー白内障手術では、眼科医の目の代わりにOCTによって眼内の構造を精密に測定、画像化し、眼科医の手の代わりに精度の高いレーザーで目の内外の組織を切開します。

このような行程で行うレーザー白内障手術では、マニュアルの手術よりも目の内外の組織の切開を、より正確な位置と形状で行うことができます。

その結果、 レーザー白内障手術ではマニュアルの手術よりも正確な位置に眼内レンズを固定することができます。このことは複数の医学論文が証明しています。(文献1を参照)

また、レーザー白内障手術では事前に水晶体の中央部分を砕くことができます。その結果、超音波入荷吸引術で使用する超音波量をマニュアルの手術よりも減らすことができ、角膜内皮の減少率を低下させることができます。このことも複数の医学論文が証明しています。(文献2を参照)

文献1)J Refract Surg. 2011 Aug;27(8):558-63. Femtosecond laser capsulotomy and manual continuous curvilinear capsulorrhexis parameters and their effects on intraocular lens centration. Kránitz K, Nagy ZZ. et al.
文献2) J Cataract Refract Surg. 2012 Nov;38(11):1888-94. Effect of femtosecond laser fragmentation of the nucleus with different softening grid sizes on effective phaco time in cataract surgery. Ina Conrad-Hengerer, Burkhard Dick, et al.


Q:レーザー白内障手術の流れを教えてください。

A:麻酔については大宮七里眼科では全ての白内障手術を点眼麻酔で行なっていますが、レーザー白内障手術も同様です。

レーザーによる痛みは全くありません。

レーザーの照射時間は症例ごとに設定が異なるためまちまちですが、大宮七里眼科では平均約30秒程度です。

レーザーは目にやわらかいキャップをつけて行います。キャップの先端はやわらかい素材のため、痛みは全くありません。

大宮七里眼科では、レーザーは背中の倒れるイスで行います。完全にフラットにする訳ではないので、腰や首に問題をお持ちの場合でも安全に行うことができます。

レーザーを行った後にイスを少し移動し、超音波入荷吸引術を行って濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入します。大宮七里眼科ではレーザー白内障手術と超音波入荷吸引術を同じ高いレベルの空気清浄装置を持ったクリーンルームの手術室で行いますので、患者様が移動する必要はありません。

白内障や糖尿病網膜症の症状とは? 外出自粛の影響で重症化する患者様が多発

コロナの感染症のため、病院への「受診控え」をしている方が増えていることが報じられています。

例えば心筋梗塞の患者の数がコロナ感染症の時期には減っていたそうです。これはもちろん心筋梗塞の患者数が減ったわけではなく、軽い症状があっても病院を受診しなかったことが原因と考えられています。

眼科の領域においても同様のことが起こっており、視力低下などの症状が軽い場合に眼科の受診を控えている方が多くおられると言われています。

全ての病気において治療のタイミングと言うのは非常に重要で、軽症のうちに治療を開始すれば完治する疾患であっても、中等症から重症と進むにつれて治療が困難になったり、治療しても後遺症が残ることがあります。
白内障についても同様のことが言えます。

白内障は手術で完治する病気ですが、白内障が進行すると目の組織にダメージを残すことがあります。

私ども眼科医療の現場で直接患者様と接する医療従事者としての感覚では、コロナ感染により白内障が重症になってから受診する方が増えた印象があります。

またこのことは糖尿病に関してはもっと顕著です。 なぜなら糖尿病の網膜症は初期から中等症では全く症状がなく、重症になってからやっと症状が出てくるからです。またコロナ感染症のために糖尿病の方々が内科への受診控えをした結果、糖尿病網膜症の原因となる糖尿病の血糖コントロールが悪化している方が多く見られます。

糖尿病網膜症は初期では網膜へのレーザー治療やルセンティス、アイリーア、ベオビュなどのVEGF阻害剤の硝子体内注射などの治療により高い治療効果を得ることができますが、進行すると増殖性糖尿病網膜症となって硝子体手術が必要となったり、治療困難な血管新生緑内障になることがあります。

このようなことにならないよう、 視力低下、まぶしい、手元が見えない、夜の車の運転が見づらいなどの症状がある方は、早めに眼科受診をすることを強くお勧めします。

大宮七里眼科への受診は紹介状は不要です

大宮七里眼科では、初診の方は予約不要、紹介状も必要ありません。
すでに他院に受診されている方でも、喜んで診察させていただきます。
例えば以下のようなケースです。

すでに他院で保険による白内障手術を受けたが、もう片眼の手術をこれから検討している方
すでに他院で網膜などの病気を指摘されたが治療を受けていない方
今まで他院で抗VEGF抗体注射(ルセンティス、アイリーア、ベオビュ)を受けていたが、中断している方
多焦点眼内レンズによる手術を検討しているが、現在おかかりの眼科に多焦点眼内レンズの扱いがない
他院で単焦点眼内レンズによる白内障手術を勧められているが、多焦点眼内レンズに興味がある
フェムトセカンドレーザー白内障による精密な手術に興味がある
多焦点眼内レンズによる白内障手術の経験豊富な眼科で診察をしてもらいたい

大宮七里眼科は、より多くの方に質の高い、患者様に喜んでいただける医療を提供することを心がけております。
診察時間内に受診していただければ、喜んで診察させていただきます。
詳しくは以下のページをご覧ください。
https://nanasatoeye.com/first/

白内障手術で用いる眼内レンズにはどのような種類がありますか?

白内障手術で用いる眼内レンズにはどのような種類がありますか?

白内障手術で使用する眼内レンズには種類があります。
大きく分けて、保険診療が適用される単焦点眼内レンズと、自費診療の多焦点眼内レンズに大別されます。
単焦点眼内レンズは焦点距離がひとつの距離だけしかないので、焦点の合っていない距離をはっきりと見るにはメガネが必要となります。

それに比べて多焦点眼内レンズは、遠近どちらにもピントを合わせることができます。
そのため、日常生活のあらゆる距離が、メガネのかけ外しなしに見ることができるようになる可能性が非常に高くなります。

近年は、遠近に加え中間距離にもピントの合う3焦点眼内レンズ(パンオプティクスやファインビジョンなど)や、手元から遠くまでスムーズに焦点が合わせらるタイプの眼内レンズ(テクニス・シナジー)も登場しています。
これらのレンズは、従来の2焦点の多焦点眼内レンズよりもさらに焦点の合う距離が幅広いため、かなり高いクオリティーの見え方になります。

単焦点と多焦点眼内レンズの見え方の違いを教えてください

単焦点と多焦点眼内レンズの見え方の違いを教えてください

単焦点眼内レンズは遠方に焦点を合わせた場合は、手元や中間距離はメガネなしでは焦点が合いません。

2焦点の多焦点眼内レンズは遠方と手元に焦点を合わせますが、中間距離は単焦点眼内レンズよりは見やすいものの、少し焦点があまい印象がありました。

最新の3焦点の眼内レンズであるパンオプティクスや、手元から遠方まで焦点を合いやすく工夫されたテクニス・シナジーでは、手元・中間・遠方のすべての距離が見えやすくなっています。

このように多焦点眼内レンズはそれぞれ特徴があります。どの多焦点眼内レンズも、単焦点眼内レンズにはないメリットがあります。

特に近年に開発されたパンオプティクスやテクニス・シナジーは優れたクオリティーの見え方が期待できます。

以下のイラストで、違いをわかりやすく説明をしています。