大宮七里眼科

大宮七里眼科

BOOK著書「人生が変わる
白内障手術」

院長・山﨑健一朗から著書
「人生が変わる白内障手術」出版についてご挨拶

「人生が変わる白内障手術」は2017年2月1日に発売された私の初めての著書です。
日常の診療、手術、海外を含めた学会発表の合間に少しずつ原稿を書いたため、この本を書き上げるのに1年10ヶ月もかかってしまいました。その分、内容は満足のいくものとなりました。おかげさまで大きな反響を得ることができ、7回の増刷を経て合計23,000部を発刊することができました。
日進月歩の白内障手術技術、多焦点眼内レンズの進歩について加筆をして、2020年3月1日に「人生が変わる白内障手術・第2版」を出版しました。だいぶ新しい記事を書いたことで新たな本として出版することも考えました。しかし日本を代表する詩人である谷川俊太郎さんに相談したところ、「山﨑さんの本は売れてるのだから、第2版として出版すべきだ」とアドバイスいただき、そうすることにしました。

谷川俊太郎さんの名前はみなさんがご存知と思います。文学には疎い私ですら、教科書で谷川さんの詩を勉強したことは覚えています。谷川さんは私の本をAmazonで見つけて、電子書籍でお読みいただき(なんと当時86歳です)、私のクリニックを訪れました。谷川さんにはその後、私が両眼のレーザー白内障手術を行い、多焦点眼内レンズを使用しました。

私は読者に誤解なくレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズについての科学的事実が伝わるよう、なるべくわかりやすい表現で書きました。谷川俊太郎さんは、間違いなく日本を代表する日本語の使い手の方です。その谷川さんが私の本をお読みになって来院されたこと、心から感激しました。
この本は白内障手術という科学についての解説書です。私が考えていること、感じていることをそのまま読者に伝えるために、あえて難しい表現は使わずに私の言葉で書きました。
しかしそのようなストレートな表現によって、かえって谷川さんのような日本を代表する詩人の方にも私の考えがうまく伝わったのかなと自負しています。

初めての著書の執筆で慣れないことも多く、実際にはたくさんの原稿を書きました。しかし原稿全てを本にすると3倍くらいの厚さになってしまうため、不要な部分を削除することで編集をしました。

私は2008年6月に日本で初めてフェムトレーザー白内障手術に成功しました。あれから12年が経ちますが、まだまだレーザー白内障手術は日本では普及せず、一般的には全く知られていません。また、老眼は誰でも起こる目の調節力の華麗による低下です。人類の歴史上、老眼を治療することはできませんでしたが。多焦点眼内レンズによって老眼を治療することができるようになりました。しかしそれも一般的には全く知られていません。

白内障手術は年間に約130万件行われていますが、そのほとんどは最先端の方法ではない、従来型の古い方式の保険診療の手術で行われています。しかし手術を受ける患者さんの大半が、これら最先端の白内障手術を受ける選択肢があったことを知らずに、従来型の古い方式の手術で終えてしまっています。経済大国日本でこのようなことが起こっていることは、私はとても憂うべき事実だと思っています。

私がこの本を執筆しようと思った理由は、日本でほとんど知られていない最先端の白内障手術技術、特に多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術について、白内障手術を受ける前の皆さんに知っていただきたいと考えたからです。
あえてインターネットだけでなく本を出版したのは、山﨑健一朗と言う人間にその責任があることをお示ししたかったからです。インターネットには真偽のはっきりしない情報が溢れ、そのほとんどが文章の真偽の責任の所在がはっきりしません。読み手は真偽がはっきりしないことを前提に読むため、半信半疑で読むことになります。その意味では著書の方が読者からの信用性が高いと考えました。

この本を見つけてくれた皆さんが、最先端の白内障手術について正しい知識を持ち、日本でレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズが一般的に知られるようになることを心から願っています。

book

『人生が変わる白内障手術』第2版

大宮七里眼科の山﨑健一朗院長の著書『人生が変わる白内障手術』第2版が2020年3月3日に発売され全国の書店、Amazonにて発売中です。

白内障手術で老眼や近視が治る 日本で初めてフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功 大宮七里眼科・山﨑健一朗院長が最先端の白内障手術の効果を徹底解説

人生が変わる白内障手術 目次

第1章 誰もが避けて通れない目の病気--「白内障」
「白内障」は病気なのか
白内障は、目の中の「水晶体」が混濁した状態
身近な生活動作でわかる白内障のサイン
老眼の症状と思っていても白内障のことがある
症状がないまま白内障が進行することがある
アトピー、糖尿病、外傷 --白内障は高齢者だけの病気ではない
白内障手術はこわい、という方に
白内障治療にも適切な時期がある
白内障手術でアクティビティーを取り戻す
漫画で白内障の症状を見事に表現
【COLUM】小林よしのりさんの漫画『目の玉日記』①
第2章 完治できるのは手術のみ--「白内障治療」の現状
目薬、サプリメントでは完治しない。白内障の治療は、手術のみ
約30年で劇的な進歩を遂げてきた「白内障手術」
手術中に手術器具が見えますか?
受ける前に知っておきたい白内障手術のプロセス
白内障手術は、技術が発展した今も難易度の高い手術に変わりはない
「白内障手術は簡単ですか?」への答え
白内障手術を時計作りに例えると
人の手よりも正確なフェムトセカンドレーザー白内障手術
術後の回復の遅れや視力の低下を招く数々の「合併症」
眼内レンズの位置を左右する「前嚢切開
前嚢切開の難易度を高めてしまう「チン小帯の脆弱」
患者さんと手術を行う医師の信頼関係が非常に大事
なるべく避けたい、悪化してからの手術
「メガネを作り替えても見にくい」は白内障かもしれない
合併症のリスクとレーザー白内障手術
東日本大震災の日、私は白内障手術を行っていた
東日本大震災の経験とレーザー白内障手術の導入
多焦点眼内レンズの度数決定には最先端の眼軸計測器機が必要
【COLUM】眼内レンズと検査器機の進歩
第3章 1000分の1㎜単位の精度、最新レーザー白内障手術とは?
メスを使わないレーザー白内障手術の登場
レーザー白内障手術では眼科医の目の代わりにOCTが目の構造を画像化する
レーザー白内障手術でも日帰りでの手術が可能
最先端白内障手術は手術前検査も最先端検査器機なしにはできない
レーザー白内障手術の準備~手術入室からOCTスキャンによる画像解析~
たった30秒で終わるレーザー照射~水晶体前?切開、水晶体核破砕、角膜切開~
レーザー白内障手術の実際
レーザー白内障手術はOCTの進歩なしにはできなかった技術
レンズエックスはリアルタイムOCTを搭載
次世代の最先端眼科手術には欠かせないフェムトセカンドレーザーとは
レーザーでの精巧な切開によって眼内レンズの固定がより正確に
レーザー白内障手術では工程の順番も違う
レーザー白内障手術は角膜の創口の長さ、深さ、角度を細かく設定できる
メスでの角膜切開と、レーザーの切開の断面比較
レーザー白内障手術は角膜内皮細胞へのダメージが少ない
進行した難症例でも安定した水晶体前?切開が可能
硬くなるまで進行した白内障でもレーザーでの水晶体破砕が可能
機械で行うレーザー白内障手術の安定性
人生で一度の手術なので自分が納得できる選択を
海外では小児の白内障にもレーザー白内障手術が行われている
レーザー白内障手術は眼科医にとって決して簡単ではない
レーザー白内障手術の器機はどんどんアップデートされている
白内障手術を正確に行えるサージカル・ガイダンス
レーザー白内障手術器機とも連携できるベリオン・イメージガイドシステム
レーザー白内障手術の情報は常に更新され続けている
なぜレーザー白内障手術は保険が利かないのか?
レーザー白内障手術へのありがちな誤解
【COLUM】知っておきたい目の話 増えているドライアイ
第4章 「視力年齢」を若がえらせる最先端の多焦点眼内レンズ
老眼のメカニズム
単焦点眼内レンズの限界
若い人が単焦点眼内レンズによる手術をすると
多焦点眼内レンズの登場
アクティビティーの高い団塊世代と多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズが日常生活を便利にする
瞬時に目の焦点を切り替えることの重要性
私が多焦点眼内レンズを勧める最大の理由 ~スケッチの例
多焦点眼内レンズは視覚情報を得る効率を上げる
多焦点眼内レンズ最大のメリットはメガネが要らなくなることではない
乱視のある父親にも多焦点眼内レンズを選択
遠くも近くもよく見える多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズで9割がメガネいらずに
手元がよく見えることの重要性
多焦点眼内レンズの普及
多焦点眼内レンズと先進医療
中?近距離で圧倒的によく見える多焦点眼内レンズ
最新の3焦点多焦点眼内レンズ・ファインビジョンについて
ファインビジョンで乱視も治療が可能
ファインビジョンを実際に使用してみて
ハローやグレアの少ないファインビジョン
多焦点眼内レンズはなぜ開発されたか
多焦点眼内レンズはまぶしく見える?
多焦点眼内レンズ+レーシックで乱視も改善
多焦点眼内レンズが向かない場合
眼内レンズの度数計算の進歩
レーシック後の白内障手術は眼内レンズの度数計算が難しい
眼内レンズの選択は医師と相談して
正確に乱視の検査ができる先進医療の検査器機・前眼部OCT
片方単焦点、片方多焦点もOK
レーザー白内障手術なら多焦点眼内レンズの位置や傾きが正確に
白内障手術で色も鮮やかに蘇る
【COLUM】小林よしのりさんの漫画『目の玉日記』②
第5章 最新治療で最高の見え方を手に入れる
QOV(クオリティー・オブ・ビジョン)の向上が大事
私が考えるいい病院とは
子供の頃の視力検査での成功体験が白内障発見を遅らせる
車の運転でもまだまだよく見えているという思い込み
視力は視力検査の数字がすべてではない
多焦点眼内レンズは一石「三」鳥の手術
最先端白内障手術なら若年者でも安心して受けることができる
白内障手術は「究極のアンチエイジング」
団塊の世代が続々「白内障世代」へ
多焦点眼内レンズの手術前後の生活の変化~母親の例~
レーザー白内障手術+多焦点眼内レンズで人生が変わった!
おわりに
巻末資料 著者実績