大宮七里眼科

大宮七里眼科

RETINAL DISEASE網膜の病気への治療

加齢黄斑変性 硝子体注射

大宮七里眼科は加齢黄斑変性や糖尿病網膜症の治療であるVEGF阻害剤の硝子体注射を積極的に行っています
大宮七里眼科では加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、通称AMD)や、糖尿病網膜症などの治療であるラニビズマブ(薬剤名ルセンティス)やアフリベルセプト(商品名アイリーア)などのVEGF阻害剤の硝子体注射による抗血管新生薬療法の治療を行っています。この治療は国民健康保険による診療で可能です。
加齢黄斑変性や糖尿病網膜症と診断されている方や、視力が低下したり物がゆがんでみえるなどの症状のある方は大宮七里眼科にご相談ください。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)は、原因不明の目の病気です。早い方では40代でも発症します。日本では中途失明(大人になってから失明する)の第4位であり、高齢者の失明*原因のひとつです。

黄斑(おうはん)は網膜の中央に位置している、視力に一番重要な部分です。加齢黄斑変性はこの黄斑の病気で、ものがぼやけて見える、まっすぐな線がゆがんで見える、などの症状を自覚することがあります。

加齢、喫煙、肥満、紫外線が原因となります。特に喫煙は加齢黄斑変性の発生や進行に大きく影響を及ぼすと言われています。したがって喫煙者が加齢黄斑変性と診断されたら、すぐに禁煙する必要があります。

加齢黄斑変性は異常な血管である脈絡膜新生血管ができることなどが原因で起こります。

脈絡膜新生血管網膜に栄養を送っている脈絡膜から伸びる、良くない新しい血管のことです。この血管ができると網膜に障害が起こり、視力が低下します。
加齢黄斑変性は脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型(いしゅくがた)」に分類されます。 滲出型加齢黄斑変性では脈絡膜から脈絡膜新生血管が網膜側に伸びてきます。脈絡膜新生血管は正常ではありえない弱い血管であり、時に網膜下や硝子体中に出血したり、血液中の成分が網膜に貯留することで網膜にダメージを与えます。滲出型加齢黄斑変性は、視力の低下が急速に進行することが多いと言われています。また、治療の開始が遅れるほど視細胞へのダメージが大きくなり、視力の回復が難しくなります。

萎縮型加齢黄斑変性では網膜の細胞内に加齢により老廃物が溜まり、網膜色素上皮が萎縮します。進行は比較的ゆっくりですが、時間の経過とともに新生血管が発生することもあります。


加齢黄斑変性の症状は

加齢黄斑変性は網膜の真ん中である黄斑に病気がおこるため、視野の中心の見たいところが見えない、文字が読めない、遠くの直線が曲がって見えるなど、生活が不自由となる症状をきたします。
しかし症状が片方にしか起こっていない場合には気づきにくく、気付いた時には進行していることもあります。


加齢黄斑変性の検査について

加齢黄斑変性の検査は主に眼底写真撮影、光干渉断層計(OCT)などで行います。 大宮七里眼科では広範囲の眼底の写真を一度に撮影できるOptos社の眼底カメラ「超広角走査型レーザー検眼鏡 」を導入しています。


(Optos社の超広角走査型レーザー検眼鏡での広角眼底写真)

光干渉断層計は体に侵襲を与えることなく、網膜の断面の状態を詳しく調べることができます。加齢黄斑変性でおこる網膜のむくみや網膜下の水分の貯留、脈絡膜新生血管などを調べることができます。
大宮七里眼科で採用しているOCT、Nidek社のRS-3000は、数枚のOCT画像から血流情報を重ね合わせることで、蛍光剤などを投与することなく、体に全く負担をかけずに網膜毛細血管を各層別に観察することが可能です。


大宮七里眼科でVEGF阻害剤の硝子体注射による加齢黄斑変性の治療ができます

大宮七里眼科では加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、通称AMD)や、糖尿病網膜症などの治療であるラニビズマブ(薬剤名ルセンティス)やアフリベルセプト(商品名アイリーア)などのVEGF阻害剤の硝子体注射による抗血管新生薬療法の治療を行っています。この治療は国民健康保険による診療で可能です。

加齢黄斑変性は網膜の下の脈絡膜から新生血管ができる疾患です。最近まで不治の病でした。大宮七里眼科ではラニビズマブやアフリベルセプトの硝子体腔内注射による加齢黄斑変性の治療を積極的に行っています。

(RS-3000による網膜の各層における網膜毛細血管撮影)

体内には脈絡膜新生血管の成長を活性化させるVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。VEGF阻害剤はVEGFの働きを抑える薬剤で、眼内に注射することによって新生血管の増殖や成長を抑えます。
この治療は細菌感染に弱いといわれる硝子体内に薬物を注入するため、大宮七里眼科では、清潔度の高い手術室で行っています。

加齢黄斑変性によって痛んだ網膜の状態を完全に正常に戻す治療法はありませんが、治療によって病気の進行を遅らせることができます。それにより、低下した視力を維持もしくは回復させることが期待できます。したがって、加齢黄斑変性は軽症のうちに早期発見し、治療を開始することが重要です。また、加齢黄斑変性でのVEGF阻害剤の硝子体注射注射は、病気が軽快しても継続的に行うことで、再発を繰り返さないようにすることができます。

「新聞の文字が見にくくなってきた」「障子の桟(さん)が曲がって見える」などの症状がある方、加齢黄斑変性の疾患の疑いがあると思われる方は、大宮七里眼科にご相談ください。


加齢黄斑変性へのレーザー治療

加齢黄斑変性には網膜へのレーザー治療である網膜光凝固を行うことがあります。
網膜光凝固は、新生血管をレーザー光で焼き固める治療法です。 加齢黄斑変性に対する網膜光凝固も、国民健康保険による診療で可能です。

糖尿病網膜症とは

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こしますが、もっとも日常生活に支障をきたすのは目の合併症である糖尿病網膜症です。
糖尿病網膜症は日本の失明原因のなかで2番目に多い疾患です。よって内科で糖尿病と診断されたら、目の症状がなくても眼科への定期的検診を必ず受けましょう。

目をカメラに例えると、網膜はフィルムのはたらきをしています。
網膜は、はりめぐらされた血管により栄養を補給され、そのはたらきが保たれています。
網膜を正面から見ると、ほぼまん中に黄斑と呼ばれる場所があります。黄斑は細かい物を見分けたり、文字を読むのに重要な網膜の中心部分です。
糖尿病により網膜にはりめぐらされている毛細血管が高い濃度の糖に長期間さらされると、毛細血管がダメージを受けます。
例えば、毛細血管瘤と呼ばれる血管の壁の膨らみが起きます。この膨らみが破裂すると出血して、壊れた毛細血管からは血液やたんぱくや脂肪などが漏れ出します。それが繰り返されると、血管壁が厚くなり、血管が狭くなったり、詰まったりして、血液が網膜に流れなくなります。そして血液が網膜に流れなくなると、網膜では新しい血管が作られ、血液や酸素を取り込もうとします。

新生血管は弱い血管なので、容易に眼内で出血を起こします。最終的には、硝子体内にできた増殖膜が、網膜を引っ張り、網膜剝離を引き起こし、失明につながることもあります。糖尿病網膜症は初期の段階では症状がまったくありません。
視力低下やかすみなどの症状が起こってきたときにはすでにかなり進行している場合があります。
したがって糖尿病網膜症では症状が進んでから眼科での診察を受けはじめても、治療が手遅れになる可能性があります。生涯のあいだに視力低下を起こさないようにするには、自覚症状がない段階で検査を受け、糖尿病網膜症が起こったら眼科で早期に治療を受けることが重要です。
糖尿病網膜症になったらからといって、すぐに失明するわけではありません。糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階がいくつかに分けられます。初期の段階では自覚症状がまったくありません。しかしこの段階で治療を行わないと、進行した糖尿病網膜症では網膜が重篤な状態となり視力が低下して最悪の場合には失明に至ります。このため、内科や健康診断で糖尿病あるいは糖尿病の疑いがあるといわれたら、すぐに眼科で定期的な検査をうける必要があります。

大宮七里眼科での糖尿病網膜症の検査について

大宮七里眼科では糖尿病網膜症の精密な検査を行い、糖尿病網膜症と診断した場合には積極的に治療を行っています。大宮七里眼科では最新の光干渉断層計(OCT)を備え、糖尿病網膜症による網膜の異常を早期に発見することができます。また自発蛍光という特殊なフィルターを完備した最新の眼底カメラで撮影した網膜の画像を眼科専門医が精査し、糖尿病網膜症を認める場合には即座に治療の方針を立てることができます。内科や健康診断で糖尿病あるいは糖尿病の疑いがあるといわれた方は大宮七里眼科にて検査ができますので、ぜひご相談ください。

大宮七里眼科では網膜光凝固やVEGF阻害剤注射など糖尿病網膜症の治療を積極的に行っています

大宮七里眼科では糖尿病網膜症に対してレーザー治療(網膜光凝固)による治療や、ラニビズマブやアフリベルセプトといったVEGF阻害剤を眼内に注射する抗血管新生薬療法を積極的に行っています。これらの治療は、いずれも国民健康保険の対象です。

糖尿病網膜症は早期発見、早期治療が重要です。糖尿病網膜症が軽症の段階から治療を行えばかなり予後は良好となります。しかし軽症の糖尿病網膜症は症状がまったくありません。したがって見え方のかすみ(視力低下)、砂のようなものが見える(飛蚊症)、まぶしいなどの症状が現れる進行した段階になると、すでに糖尿病網膜症は初期の段階ではなく中等度重症から最重症となっている恐れがあります。糖尿病網膜症が中期から重症となってから治療を開始しても完全に症状が改善しない場合があります。よって糖尿病と診断された方は、目の症状他がなくても、すぐに眼科を受診する必要があります。

糖尿病網膜症の治療法の種類について

糖尿病によって糖尿病網膜症が進行していく過程については、現在ではそのメカニズムがかなり解明されています。それに伴い、糖尿病網膜症に対して効果的な治療方法がいくつか確立しています。その治療法は糖尿病網膜症レーザー治療(網膜光凝固)や、ラニビズマブ(商品名ルセンティス)やアフリベルセプト(商品名アイリーア)といったVEGF阻害剤を直接目に注射する抗血管新生薬療法です。大宮七里眼科では糖尿病網膜症レーザー治療(網膜光凝固)、およびラニビズマブやアフリベルセプトによる抗血管新生薬療法を多数行った実績があります。

糖尿病網膜症に対してのレーザー治療(網膜光凝固)について

糖尿病網膜症に対してのレーザー治療(網膜光凝固)は、網膜毛細血管にできたふくらみである毛細血管瘤や血液成分が 漏れ出ている部位にレーザー光を当てて、焼き固めることで、出血や血液成分の漏出を防ぎ、糖尿病網膜症による黄斑のむくみを改善させます。
たくさんのレーザー光線を網膜に照射するため、何回かに分けて行うこともあります。

糖尿病網膜症へのVEGF阻害剤の硝子体注射について

糖尿病網膜症に伴う糖尿病黄斑浮腫には、網膜内の毛細血管から血液成分が漏れ出すのを促すVEGF(血管内皮増殖因子)が関与しています。 そのため治療として、ラニビズマブやアフリベルセプトといったVEGF阻害剤を直接目に注射することで、VEGFの糖尿病網膜症への悪影響を抑え、網膜の状態を改善します。
VEGF阻害剤の硝子体注射は一度だけ行うのではなく、最初は月に一回から始めて、糖尿病網膜症による黄斑浮腫が安定するまで繰り返して行うことが必要です。 大宮七里眼科は多数の糖尿病網膜症の患者さんにVEGF阻害剤の硝子体注射を行った実績があります。

糖尿病網膜症以外の網膜疾患へのVEGF阻害剤の眼内注射について

大宮七里眼科では糖尿病網膜症などに対してVEGF阻害剤の硝子体注射による抗血管新生療法に力を入れています。ラニビズマブやアフリベルセプトといったVEGF阻害剤は、糖尿病網膜症だけでなく、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞による黄斑浮腫、強度近視による脈絡膜新生血管などの症例への治療を多数行っています。見にくい、物がゆがんで見える、などの異常を感じたら、大宮七里眼科を受診することをお勧めします。

VEGF阻害剤の硝子体注射注射の適応疾患

VEGF阻害剤の硝子体注射注射では、ラニビズマブ(薬剤名ルセンティス)やアフリベルセプト(商品名c)などを使用します。 ラニビズマブやアフリベルセプト(商品名アイリーア)などの治療が承認されている疾患としては、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫や、病的近視における脈絡膜新生血管、糖尿病黄斑浮腫があります。これらに疾患に対するVEGF阻害剤の硝子体注射注射は、国民健康保険の対象となります。

黄斑に異常をもたらす原因は、脈絡膜新生血管によるもの、動脈硬化や高血圧などによって網膜の静脈が閉塞してしまうもの、強度な近視による病的近視や糖尿病の合併症と様々です。黄斑は視力にとって一番重要な部分で、物の色や明るさなどを知覚するための視細胞が多く集まっているため、病状が進行してしまうと社会的失明(視界が真っ暗になるわけではないが、視野の中心が見えないことによって社会生活に支障をきたす状態)という最悪な状態を引き起こしかねない病気です。
網膜疾患でのVEGF阻害剤の硝子体注射注射は、病気が軽快しても継続的に行うことで、再発を繰り返さないようにすることができます。

大宮七里眼科では、これらの網膜疾患に対してラニビズマブやアフリベルセプトを使用した硝子体注射を積極的に行うことにより、多くの患者さんの病状の進行を防いでいます。