大宮七里眼科はフェムトセカンドレーザー白内障手術開始10周年を迎えました

2022年6月、大宮七里眼科はフェムトセカンドレーザー白内障手術を開始して10周年を迎えました!!

2012年6月、山﨑健一朗院長は日本で初めてフェムトセカンドレーザー白内障手術を開始しました。

あれから10年で、大宮七里眼科にて山﨑健一朗院長が手がけたレーザー白内障手術は4,244件以上にのぼります。
日本全国からさいたま市の大宮七里眼科までレーザー白内障手術を受けに来てくださる方も増え、心から感謝しております。

10年前には一般の方はもとより、眼科医の間でもレーザー白内障手術は全く知られておらず、レーザー白内障手術が知られていくのにはたいへん時間がかかりました。
しかしまだまだレーザー白内障手術は広く知られているとは言えず、もっとこの素晴らしい技術が広まることを望んでいます。
日本で広くレーザー白内障手術を知っていただくために山﨑健一朗院長はレーザー白内障手術や多焦点眼内レンズについて著書「人生が変わる白内障手術」にて詳しく説明をしました。
大宮七里眼科・山﨑健一朗院長がレーザー白内障手術の仕組み、メリットを説明しています。
最近目が見にくい、すぐ疲れる、他院で白内障を言われた、などの方々はぜひ山﨑健一朗院長の著書「人生が変わる白内障手術」を読んでフェムトセカンドレーザー白内障手術について知ってください。