大宮七里眼科・山﨑健一朗院長は多焦点眼内レンズ手術の実績4000例を達成しました!

大宮七里眼科・山﨑健一朗院長は2021年5月に多焦点眼内レンズを使用した白内障手術の実績が4000件を達成しました!

当院では2008年9月に開業し、すぐに多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を開始しました。

2008年当時は、だれも多焦点眼内レンズという言葉を知らない時代でした。 大宮七里眼科を訪れる患者さんお一人お一人に丁寧に多焦点眼内レンズの利点や保険外診療となることをご説明し、地元の方々を中心に多焦点眼内レンズについての情報が広まるように努力をしてきました。

おかげ様で次第に大宮七里眼科で多焦点眼内レンズの手術が受けられることが浸透し、多焦点眼内レンズ実績4000件を成し遂げました。

これもさいたま市内、埼玉県内だけでなく、北海道から沖縄まで日本全国から大宮七里眼科にレーザー白内障手術による多焦点眼内レンズ手術を受けにいらっしゃった方々のおかげと感謝しております。(今日も京都府、福岡県などから多焦点眼内レンズを使用したレーザー白内障手術を希望する患者さんが来院されました。)

しかし大宮七里眼科はこれに慢心せず、これからも謙虚に努力していく所存です。

今後も「多焦点眼内レンズやレーザー白内障手術といえば大宮七里眼科」と皆様にイメージしていただけるよう、患者様お一人お一人に丁寧に接してまいります。

大宮七里眼科・院長 山﨑健一朗