大宮七里眼科は13周年を迎えました

大宮七里眼科は2021年9月10日に開院13周年を迎えました。

大宮七里眼科が開院したのは2008年9月10日でした。
大宮七里眼科では2008年の開院当初から多焦点眼内レンズを使用した自費診療による白内障手術を行い、患者様にも勧めてまいりました。
最初に多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行なったのは2008年9月です。
その頃はまだ白内障手術は今ほど世間で知られておらず、まして多焦点眼内レンズという言葉自体、全く知られていませんでした。
それから13年間、患者様お一人お一人に丁寧に多焦点眼内レンズについてご説明をし続け、ついに2021年9月には4093件もの多焦点眼内レンズによる白内障手術を行いました。

また、2012年6月には大宮七里眼科・山﨑健一朗院長が日本で最初となるフェムトセカンドレーザー白内障手術を行いました。
2021年9月現在までに3863件のフェムトセカンドレーザー白内障手術を行いました。

しかしまだまだ多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術は広くに知れわたっていません。
そこで山﨑健一朗院長は、2017年2月に著書「人生が変わる白内障手術」を出版しました。
「人生が変わる白内障手術」は多くの人に読まれ、一般の方に多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術を知っていただくことになりました。

それでも大宮七里眼科・山﨑健一朗院長は、まだ白内障手術の可能性や、多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術などの素晴らしい技術について、十分に理解されてはいないと考えています。
これからも大宮七里眼科は多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術などの先進的な医療に力を入れていきます。