第36回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーを本日開催いたしました

大宮七里眼科・山﨑健一朗院長が講演する「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナーは本日3ヶ月ぶりに開催することができ、ご参加いただいた方には感謝申し上げます。

まだ残暑は残る季節ですが、少し秋を感じられる涼しい日も多くなりました。
コロナ禍ということもありますが、最近は手術をご希望される患者様も多くなり、暑さが落ち着いてきたせいもあるのかと感じています。

遠方からの通院に不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、遠方の方の場合は術後1週間後(最低でも3日後)以降の診察は近医へご紹介をいたします。
近医へ紹介状をご用意いたしますので、連携をとって診察を継続出来ますのでご安心ください。

当院はレーザーの白内障手術を希望される方が多くいらっしゃいますが、レーザーのメリットの一つとして、人間では見えない白内障の深い部分までもOCTという特殊な画像を使用して、レーザーで切開することが出来ます。
脳の検査でよくCTをとって頭蓋内の精査をするのと同じで、通常の手術の時には直接見えない部分になります。

だからと言ってレーザー白内障は機械があれば誰でも出来るのではなく、やはり医師の技術力と経験が必要になります。
レーザー白内障手術は医師にとっても簡単な手術ではありません。
基本的な白内障手術の技術力を持った医師が、さらに人間の目で見えない部分や、ミクロン単位の手術を可能にする為にレーザー白内障手術を行います。

その結果、より完成度の高い手術になり、より丁寧な一人一人にあった手術を当院では行っています。

次回のセミナーは来月10月27日を予定しています。ぜひ、今回ご参加いただけなかった方やご興味がある方はご参加下さい。

第37回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナー
講演者 大宮七里眼科院長・山﨑健一朗
日時 2021年10月27日(水) 午後2時30分から1時間程度
場所 大宮七里眼科 (埼玉県さいたま市見沼区風渡野678−1)

ご参加に関しては完全予約制になりなすので幻冬舎へご連絡下さい。
予約電話番号 03-5411-6440