第41回「人生が変わる白内障手術・第2版」出版記念セミナーを開催いたしました

梅雨のお足元が悪い中、セミナーにご参加いただいた方々には感謝申し上げます。
当院の専門とする多焦点眼内レンズは白内障治療でもありますが、まさに老眼治療です。
白内障と言われたことはないけれど老眼に困っている、メガネやコンタクトをして遠くは見えるけど、最近手元が見えにくい。遠くはメガネをかけないと見えないが逆に手元はメガネを外さないと見えない。などの症状はまさに老眼です。白内障は50代の約半分が発症していると言われています。白内障は高齢者の病気と感じている方も多いかと思いますが、実はごく初期の場合は症状を感じにくく、身近なものなのです。自覚はないけれど、眼科を受診してみると白内障を指摘され、びっくりされる方も珍しくはありません。
毎日頑張って目を使い、目の疲れを実感している方はぜひ一度眼科の受診をおすすめします。
老眼は我慢するものではなく、治療出来る時代です。より快適で効率の良い生活を過ごすためにも我慢は不要です。

次回42回目のセミナーとなります。日程は2カ月後の2022年8月17日の予定をしています。

第41回「人生が変わる白内障手術」出版記念セミナー
講演者 大宮七里眼科院長・山﨑健一朗
日時 2022年8月17日(水) 午後2時30分から1時間程度
場所 大宮七里眼科 (埼玉県さいたま市見沼区風渡野1-1-1)

ご参加に関しては完全予約制になりなすので幻冬舎へご連絡下さい。
予約電話番号03-5411-6440