大宮七里眼科は新たな多焦点眼内レンズであるテクニス・シナジーの使用を開始しました

大宮七里眼科では新たな多焦点眼内レンズであるテクニス・シナジーを採用し、2020年秋から使用を開始したのでお知らせします。

大宮七里眼科ではテクニス・シナジーを積極的に使用しており、すでに数十例もの症例に対してテクニス・シナジーを使用しました。
全ての症例で非常によい結果となっております。
2021年2月現在、重大な合併症などはありません。

テクニス・シナジーは従来にはなかった、新たなタイプの多焦点眼内レンズで、従来型の2焦点の眼内レンズであるテクニス・マルチフォーカルと、焦点深度拡張レンズ(EDOF)であるテクニス・シンフォニーのメリットを組み合わせた構造を持つ多焦点眼内レンズです。
テクニス・シナジーは、遠方、中間距離、近距離の全ての距離において、従来型のテクニス・マルチフォーカルとテクニス・シンフォニーを上回る視力が期待できます。

従来型の2焦点の多焦点眼内レンズであるテクニス・マルチフォーカルは手元を重視したデザインでした。それに対して、そのあと発売された焦点深度拡張レンズであるテクニス・シンフォニーは中間距離を重視したデザインの多焦点眼内レンズでした。
このたび2020年秋から大宮七里眼科が使用を開始したテクニス・シナジーは、手元を重視したテクニス・マルチフォーカルと、中間距離を重視したテクニス・シンフォニーのメリット同士を組み合わせた構造となっているため、遠方だけでなく、コンピューターなどを見るときの中間距離、そして新聞などの活字を読む手元の距離も見やすい構造となっています。

またテクニス・シナジーは、ハローやグレアなどの症状の少ないテクニスシンフォニーの特徴を持ち合わせており、テクニス・シナジーも同様にこれらの光の症状が軽減されていることが期待できます。

ただし、多焦点眼内レンズ眼内レンズに関してはさまざまな種類のものが発売されています。
どれが一番いい、というわけではなく、それぞれの多焦点眼内レンズに特徴があります。
どの眼内レンズも全てのことについて完璧で、他の眼内レンズよりも必ず優っているというわけではありません。
視力の程度の効果や結果は人それぞれで異なります。

大宮七里眼科では山﨑健一朗院長がそれぞれの症例のデータ、年齢、その眼の特性、その方の生活スタイルをしっかりと検討し、それぞれの患者さんに合ったものをお勧めしています。
大宮七里眼科では2008年9月に開院してすぐに多焦点眼内レンズの使用を開始し、2021年1月までに3,923件の多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を行いました。
そのうち、パンオプティクスやファインビジョン、そして今回ご紹介しているテクニス・シナジーといった新しいタイプの多焦点眼内レンズについてだけで1,864件の症例の実績を持ちます。
多焦点眼内レンズによる白内障手術をご希望の方は、ぜひ多数の多焦点眼内レンズ実績を持つ大宮七里眼科でご相談ください。

もっと多焦点眼内レンズについてお知りになりたい場合は、2020年3月に発売された山﨑健一朗院長の著書「人生が変わる白内障手術」第2版に、パンオプティクスやファインビジョンといった3焦点眼内レンズを含めた多焦点眼内レンズについて詳しく書かれています。
(なお、2017年に発売された「人生が変わる白内障手術」初版には3焦点眼内レンズについては書かれておらず、2020年3月に出版した第2版にパンオプティクスやファインビジョンといった3焦点眼内レンズについて加筆しています。ご購入時にはお間違えのないようよろしくお願いします。)

また、多焦点眼内レンズを正確に眼内に固定するには、正確な手術方法を選択することが重要です。
白内障手術はフェムトセカンドレーザー白内障手術によって、手で行う従来の手術よりも正確に手術を行うことができます。
フェムトセカンドレーザー白内障手術は、OCTという検査機器で眼の中の構造を立体的に計測し、フェムトセカンドレーザーという1000兆分の1秒という単位でレーザー光を照射して正確に組織を切開する画期的な白内障手術方法です。
大宮七里眼科・山﨑健一朗院長は日本で初めてフェムトセカンドレーザー白内障手術を行い、2021年1月までに3,686件を行いました。
テクニス・シナジーやパンオプティクスなどの新しい世代の多焦点眼内レンズや、フェムトセカンドレーザー白内障手術はぜひ大宮七里眼科でご相談ください。

フェムトセカンドレーザー白内障手術についても山﨑健一朗・院長の著書「人生が変わる白内障手術」にてわかりやすく説明しています。
ぜひ参考にしてください。