Jリーグ・村井満チェアマンが大宮七里眼科でのレーザー白内障手術についてテレビ番組でお話ししてくれました!!

私(大宮七里眼科院長・山﨑健一朗)は2021年11月、Jリーグの村井満チェアマンに多焦点眼内レンズを使用したフェムトセカンドレーザー白内障手術を行いました。

その結果について、2021年1月15日にテレビ東京で放送された「FOOT×BRAIN【8年間ありがとう!Jリーグ村井チェアマンの改革と素顔」でお話ししていただきました!!
https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/202201/21594_202201152420.html

村井チェアマンは手術の前は強い乱視のため、選手の背番号も見にくくなったそうです。
大宮七里眼科での多焦点眼内レンズを使用した白内障手術の後はメガネなしで手元、遠く、中間の全ての距離が見えやすくなりました。
しかしずっとメガネをかけていたために外すのが恥ずかしいとのことで、今はレンズを外してかけているそうです。
村井満チェアマンが私の手術でこのように喜んでいただき、本当に嬉しく思っています。

また、私は「株式会社Jリーグ」の代表取締役の小西孝生様にも多焦点眼内レンズを使用したフェムトセカンドレーザー白内障手術を行い、村井チェアマンと同じようにメガネの全くいらない生活を送ることができるようになりました。
そのほかにも数名のJリーグ関係の重要なお仕事をなさっている方の手術を行いました。
全員の方にとても喜んでいただき、たくさんの方をご紹介いただいております。
こちらこそ感謝しております。
いつか、村井満チェアマンや株式会社Jリーグの小西孝生様と、目の手術やJリーグでのお仕事について対談ができればと思っています。

(2022年2月2日、大宮七里眼科・山﨑健一朗)

村井チェアマン「FOOTxBRAIN」