⼤宮七⾥眼科および院⻑の⼭﨑健⼀朗は⽇本初のレーザー⽩内障⼿術の成功実績をはじめ、
多焦点眼内レンズを使⽤した⽩内障⼿術の豊富な成功実績があります。

⽩内障は60歳を過ぎると、約80%の⽅に発症リスクのある、眼の病気です。
⽇本の平均寿命は伸び、QOL(⽣活の質)に関⼼が持たれる中、視⼒や⾒え⽅が重要視となるのは当然だと思います。

⼤宮七⾥眼科は⽇本初のレーザー⽩内障⼿術に成功したクリニックとして、
⽩内障という病気と⼿術⽅法の正しい情報を発信すべく、
「よくわかる⽩内障⼿術Q&A」という当院のメディアを開設しました。

book

幻冬舎刊⾏『⼈⽣が変わる⽩内障⼿術』第2版のご紹介

⽩内障⼿術は年間およそ130万件⾏われていますが、そのほとんどの治療法は従来型の古い保険診療です。
患者様がレーザー⽩内障⼿術のことなどを知らずに⼿術しており、 当院院長の山﨑健一朗は情報発信の⼀環として本著を発刊しました。
当HP以外にも本著では、正確な情報を分かりやすくまとめております。
是⾮ご⼀読いただけますと幸いです。

⽩内障⼿術Q&Aコラム

白内障手術について、テーマやお悩み別に解説しています。
レーザー白内障について詳しく知りたい方はぜひご一読ください。

大宮七里眼科 住所

〒337-0017 埼玉県さいたま市見沼区風渡野678-1 TEL 048-686-7000