眼内レンズはどのように選べば良いのでしょうか?

Q:眼内レンズはどのように選べば良いのでしょうか?

眼内レンズの種類には大きく分けて単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。

単焦点眼内レンズは焦点を合わせた距離は一箇所であり、そのほかの距離は必ずメガネが必要になります。しかしメガネをかけても、メガネを合わせた距離しか見えず、それ以外の距離は焦点は合いません。

それに対して多焦点眼内レンズは幅広い範囲距離に焦点の合っているため、日常生活が大変便利になります。

言い換えると、単焦点眼内レンズは老眼は治りませんが、多焦点眼内レンズでは老眼を治療することができます。

このように単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの性能の違いは大変に大きく、見え方にはかなりの差があります。

しかし多焦点眼内レンズを行っているクリニックは非常に少ないので、知識と経験の豊富な眼科医にそれぞれのメリット・デメリットを解説してもらいましょう。多焦点眼内レンズを扱っている医療機関をあらかじめ調べておくことが大切です。

大宮七里眼科では4,175件 (2021年10月現在)の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行いました。

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術をご希望の方はぜひ治療経験豊富な大宮七里眼科にご相談ください。