白内障手術で用いる眼内レンズにはどのような種類がありますか?

白内障手術で用いる眼内レンズにはどのような種類がありますか?

白内障手術で使用する眼内レンズには種類があります。
大きく分けて、保険診療が適用される単焦点眼内レンズと、自費診療の多焦点眼内レンズに大別されます。
単焦点眼内レンズは焦点距離がひとつの距離だけしかないので、焦点の合っていない距離をはっきりと見るにはメガネが必要となります。

それに比べて多焦点眼内レンズは、遠近どちらにもピントを合わせることができます。
そのため、日常生活のあらゆる距離が、メガネのかけ外しなしに見ることができるようになる可能性が非常に高くなります。

近年は、遠近に加え中間距離にもピントの合う3焦点眼内レンズ(パンオプティクスやファインビジョンなど)や、手元から遠くまでスムーズに焦点が合わせらるタイプの眼内レンズ(テクニス・シナジー)も登場しています。
これらのレンズは、従来の2焦点の多焦点眼内レンズよりもさらに焦点の合う距離が幅広いため、かなり高いクオリティーの見え方になります。