白内障手術で遠近両用の眼内レンズを入れることはできますか?

Q:白内障手術の術後の見え方は、入れる眼内レンズによって変わると聞きました。せっかく手術を受けるわけですから遠くも近くも見えるようになりたいと考えています。遠近両用のコンタクトレンズやメガネを使った時のように見える遠近両用の眼内レンズはあるのでしょうか。

 

A:はい、それが多焦点眼内レンズです。

多焦点眼内レンズは、遠くにも近くにもピントが合うように設計された遠近両用レンズです。

昔は白内障手術で入れるのは1つの距離だけに焦点が合う単焦点眼内レンズでしたが、日本国内でも2007年に多焦点眼内レンズが承認されました。

術後の日常生活を快適にするために、近くから遠くまで広い範囲に焦点が合うように設計されています。

遠近両用のコンタクトレンズやメガネと多焦点眼内レンズは、違う構造になっています。

前者はレンズの位置によって焦点距離を変えているだけですが、多焦点眼内レンズはモノを見る目の位置にかかわらず、手元と遠くを両方同時にみることができます。


Q:遠近両用の多焦点眼内レンズを挿入した場合とそれ以外の眼内レンズでは、見え方はかなり変わるのでしょうか?

 

A:多焦点眼内レンズを選ぶか単焦点眼内レンズを選ぶかで、焦点が合う範囲が変わるので術後の見え方は大きく異なります。

私たちが物を見ることができるのは、光が角膜と水晶体を通過して網膜に届いているためです。

この時水晶体によっての屈折率を調整して網膜に焦点を合わせています。

白内障は主に加齢が原因でこの水晶体が濁る病気で、手術では濁った水晶体を取り除き人工の水晶体である眼内レンズに置き換えます。

きれいな眼内レンズを挿入するので、白内障による目のかすみなどは改善され視界はクリアになります。

単焦点眼内レンズは焦点が合う距離が1か所なので、ピントを遠くか近くのどこに合わせるかを選ぶ必要があります。

一般的には、遠方に焦点を合わせる人が多いので、近くを見る時には老眼鏡が必要になります。

遠くを見る場合は老眼鏡を外し、手元の本などを読むにはまた老眼鏡をかけるというわずらわしい動作は必要になります。

そんな不便さを改善したのが多焦点眼内レンズです。

多焦点眼内レンズは入ってくる光を遠くと近くに分散することで、広い範囲の距離にピントが合う仕組みになっています。

そのため、日常生活でメガネをほとんど使わず裸眼で過ごすことができるようになります。


Q:メガネがいらなくなるのはいいですね。白内障になる前から老眼で不便を感じていました。多焦点眼内レンズを入れれば白内障と一緒に老眼も治せるのですね?

 

A:「白内障手術で多焦点眼内レンズを入れれば、白内障と一緒に老眼も近視も治せますよ」と私はいつも患者さんにお話しています。

また多焦点眼内レンズは乱視矯正用のトーリックレンズもあるので、乱視も同時に改善することができます。

多焦点眼内レンズの手術は目の度数を正確に計測する必要があるので、専用の検査機器を導入している医療機関で手術を受けるようにしてください。

また多焦点眼内レンズには、遠くと近くにピントが合う2焦点眼内レンズと、遠くと近くに加えて中間距離にも焦点が合う3焦点眼内レンズがあります。

中間距離とは目の前から約60〜80センチの位置で、日常生活の中では意外に見ることが多い距離です。

手元と遠くも見える生活を手に入れたい人は多焦点眼内レンズを選びましょう。

白内障手術は、多焦点眼内レンズの手術をたくさん行なっている眼科を受診することをおすすめします。


Q:多焦点眼内レンズはメリットがたくさんあるのですね。気になるのは手術費用です。健康保険は適用されますか? 自由診療になるのでしょうか?

 

A:2020年3月まで先進医療システムがあって、多焦点眼内レンズの手術に対して民間の先進医療特約が使えました。今はそのシステムが終わってしまったのでつかえません。

国民健康保険による白内障は医師の手技によるマニュアル手術となります。

多焦点眼内レンズにはレーザー手術が適しているのですが、レーザー手術は選定療養の対象外となります。

ですからレーザー手術で多焦点眼内レンズを入れる白内障手術を希望される場合は、自由診療となります。

眼内レンズの特徴に加え、マニュアル手術とレーザー手術の違いについてもよく説明を受けた上で、手術方法と費用について検討していただくようにおすすめします。

当院ではお一人お一人の目の状態や生活スタイルなどに合わせて、眼内レンズをご提案しています。

また専門の検査機器も導入し、レーザー手術による多焦点眼内レンズの白内障手術の実績も豊富です。

どうぞお気軽にご相談ください。