LASER TREATMENT for GLAUCOMA緑内障のレーザー治療

大宮七里眼科で緑内障のレーザー治療(SLT)が受けられます

緑内障とは視野欠損・狭窄をきたす進行性の病気です。 緑内障は眼圧を下げることで進行を遅らせる治療が可能です。
緑内障の進行を予防する方法としては点眼薬、手術、そしてレーザーがあります。
日本では眼圧下降効果のある緑内障点眼薬が第一選択となります。
しかし眼圧が十分に下がらない症例や、眼圧がある程度下がっても若年者、薬剤のアレルギーのある症例、視野の狭窄が進行して視力の低下の危険がある症例などの場合には、SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)が適応となります。
大宮七里眼科ではこのような症例に対して、適応を確認してSLTを行っています。SLTは国民健康保険が適用されます。

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)について

SLTは特殊なレーザーで線維柱帯の色素細胞に対して効果があり、房水の流出抵抗を下げることで眼圧を下げる治療です。
従来の緑内障レーザー治療であるALT(アルゴンレーザー線維柱帯形成術)では副作用の可能性がありました。しかし大宮七里眼科で行っている緑内障レーザー治療・SLTは、副作用をほとんど起こすことなく眼圧を高確率で下げることができるようになりました。
SLTでは副作用の可能性が低いため、眼圧下降効果が低下した場合、ある程度の期間をおいて繰り返しレーザー治療を行うことが可能です。 SLTによって緑内障点眼の種類を減らし、視野の悪化を遅らせ、線維柱帯切除術などの侵襲の強い観血的緑内障手術を回避することが期待できます。

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)のやり方と合併症

SLTは外来通院で行うことが可能です。点眼麻酔をして、目に小さなレンズをのせて行います。片眼について5分から10分程度で終わります。治療に伴う痛みはありません。風呂、シャワー、食事など、治療後の日常生活の制限はありません。 起こりうる合併症として、虹彩炎、眼圧上昇などが報告されていますが、一時的なものでほとんど問題にならないとされています。

大宮七里眼科での緑内障の検査について

大宮七里眼科では緑内障の疑いのある方に対して、多角的な検査にて視野異常の有無やタイプ、進行度を検査することができます。
具体的には視野検査で視野の異常の有無とタイプを調べ、光干渉断層計(OCT)により視神経乳頭辺縁の神経線維層の厚みを測定します。
さまざまな検査をすることで、緑内障に対して最善の治療方針を決定することができます。
緑内障はたいへん患者数の多い疾患ですが初期には自覚症状がありません。
眼底検査で異常を指摘されたら必ず眼科を受診しましょう。

緑内障とは?

一般的に自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることがほとんどです。視神経の障害はゆっくりと進行し、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期の段階ではほぼ眼に異常を感じることはありません。
急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し、眼の痛みや頭痛、吐き気などをおこします。時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性の緑内障にみられる発作がおきた場合は、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

緑内障の種類

緑内障にはいくつかの種類があり、大きく分けると「原発緑内障」、「続発緑内障」、「発達緑内障」 に分類されます。一般的に「緑内障」とよばれるものは原発緑内障に分類され、眼圧の上昇が原因で発症します。また他の病気と併発される「続発緑内障」、先天性の「発達緑内障」がありますが、いずれもまれなケースであるといえます。

緑内障の検査について

緑内障は、眼圧検査、眼底検査、視野検査等で診断することができます。定期検診などでいずれかの検査に異常があった場合、必ず診察を受けるようにしましょう。自覚症状が無いまま進行していくため、緑内障は早期発見・早期治療が最も重要になってきます。また緑内障を完治させる治療法がまだ存在しないため、進行をくい止めることが目標となります。 したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

1. 眼圧検査

眼圧検査は眼圧計を使用した検査です。 角膜に空気を吹き付けて測るタイプと、角膜に直接測定器を当てるタイプがあります。 角膜に直接測定器を当てるタイプのほうが、正確に眼圧を測ることができますが、空気を吹き付けるタイプでも十分測定することができます。また、空気を吹き付けるタイプは一瞬空気が当たるだけなので、痛みはありません。眼圧を直接測るタイプも、検査前に麻酔薬を点眼するため、痛みはありません。

2. 眼底検査

網膜にある神経細胞の突起(視神経乳頭部)の状態をみる検査です。検眼鏡や生体顕微鏡で眼底を観察する方法と、眼底カメラや画像解析装置で眼底を見る方法があります。検眼鏡や生体顕微鏡を使った検査では、散瞳(さんどう)薬を点眼することもあります。検査後は近くが見えにくくなったり、光が眩しく見えたりしますので、車の運転などは避けてください。眼底カメラなどを使用する場合は、比較的短時間で検査が終わります。

3. 視野検査

視野の欠損の有無や、欠けていた場合その範囲を検査します。検査は必ず片目ずつ行います。視野検査には、動く光の見え方で視野を測る「動的視野検査」と、動かない光の見え方で視野を測る「静的視野検査」があります。